Beauty Organic

オーガニックコスメの使用レビューとおすすめ紹介ブログ

ビタミンCを取り入れて美白しながらエイジングケア♪意外と知らないビタミンCのスゴイ効果とは?

こんにちは!オーガニックコスメブロガーのnicoです。

ビタミンCは健康にも美容にもとても良い効果がある、美容成分の代表選手です。

日常的に積極的に取り入れていきたいビタミンCですが、摂取方法を間違えるとあまり効果を発揮できなかったりします。

正しくビタミンCを摂取して、効率的に美容に役立てていきましょう。

ビタミンCはどんな効果があるの?

ビタミンCは本当に「万能では??」と思ってしまうほどいろんな効果があります。

抗酸化作用でしみ・そばかすに!

ビタミンCの代表的な効果といえば抗酸化作用です。

酸化というと鉄が錆びるイメージですが、なんと人間も酸化するのです!
身体が酸化すると、シミ・そばかすなどの原因になってしまいます。

ビタミンCは身体が酸化するのを防いでくれるのです。

さらにビタミンCの凄いところは、予防だけでなく改善も期待できるところです!

しみは色素が沈着して発生しますが、ビタミンCは沈着した色素を還元してくれます。

頼もしすぎます!

メラニンの生成を抑えて美白♪

日焼けをすると紫外線から肌を守ろうとメラニン色素が生成されます。
メラニン色素が沈着するとしみの原因となってしまうのです。

ビタミンCはこのメラニン色素の生成を抑制してくれます。

しかも沈着してしまったメラニン色素を還元することもできます!

え?さっきも同じことを書いていた?
大事なことなので重複して書いています!(笑)

こちらも抗酸化作用の一部です。

しわ予防でアンチエイジング

ビタミンCにはコラーゲンの合成を助ける働きがあります。
コラーゲンが合成されると、肌がふっくら、しわになりません♪

免疫力を高めて風邪を引きにくくする!

ビタミンCを摂取すると免疫力を高めてくれるので、風邪を引きにくくなります。
しかも、風邪を引いたとしても治りが早くなるんです!

これも実は抗酸化作用のたまものです。

ストレスをやわらげる!

人間はストレスを感じるとアドレナリンを分泌して血糖値を上げるなどの対抗処置をとります。

そのアドレナリンを生成するのに大量のビタミンCが必要なんです。

最近ストレスが溜まってるな~疲れてるな~と感じたらぜひいつもより多めにビタミンCを摂取してください。

ビタミンCが不足するとどうなるの?

簡単に言うと、これまでのプラス効果の逆が起こります。

肌にハリがなくなり、しみができ、風邪を引きやすくなり、疲れやすくなります。

貧血になりやすくなる

貧血といえば鉄分不足です。鉄分をしっかり摂取することが大切です。
ところが鉄分は体に吸収されにくいという性質があります。

ビタミンCと一緒に摂取すると、鉄分の吸収率がアップするんです。

ひどいときには壊血病

現代の日本で壊血病になることはあまりないと思いますが予備知識として。

壊血病になると、全身の血管が弱り、血が止まらなくなってしまいます。
最終的には死に至るとても恐ろしい病気です。

昔の船乗り達は、長い航海中にビタミンCを摂取できずに壊血病になることが多かったそうです。

ビタミンCはどうやって摂取するの?

生で食べる

ビタミンCは熱で壊れやすいという性質があります。
ですから、加熱せずに生のままで食べることがオススメです。

レモンや、オレンジなどの柑橘類やキウイフルーツ、イチゴにとても多くビタミンCが含まれています。
ようするに酸っぱい系に多い!

ただし、ビタミンCは水に流れやすいという性質もあります。
果物はさっと洗う程度にして、長く水に浸さないようにしましょう。

加熱して食べる

果物の他にも赤ピーマン、キャベツ、ほうれん草、じゃがいもなどの野菜にもよく含まれています。

ビタミンCは熱に弱いと書きましたが、いも類に含まれるビタミンCはでんぷんで守られているので、壊れにくいです。

サプリを活用

ビタミンCはサプリや粉末でも売られています。

粉末は飲み物などに混ぜるほかに、お風呂に入れるとお肌がすべっとするのでオススメです♪

肌に塗る

ビタミンCを配合した化粧品を使用して肌に直接ビタミン摂取!
美白やアンチエイジングに効果的です。

ただし、ビタミンCはそのままではほとんど肌に浸透してくれません。

そこで、肌に浸透しやすいようにビタミンCを加工したものがビタミンC誘導体と呼ばれるものです。

肌からビタミンCを直接摂取したいときは、ビタミンC誘導体配合の化粧品をえらんでくださいね。

ビタミンCで健康的に美しく♪

ビタミンCはここに書いている以外にもたくさんの嬉しい効果があります。

ぜひ積極的に取り入れてみてください。

この記事が気に入ったら
いいねをお願いします♪

関連記事


おすすめ記事